動物にとって一番良い治療法を考える「オンリーワン診療」を目指し、飼い主様にはご納得いただける説明を心がけます。

  


グリーンエバー動物病院は、浅間山を望む環境の良い場所にあります。

獣医師はじめスタッフは全員女性で、動物と飼い主が元気に楽しく暮らせるよう、動物たちにとって最善の医療を提供することを目指し、チーム医療を行っています。


★サルファ剤・キトサン合剤で特許を2件取得し、治療に活用しています

約20年前、院長は日々の臨床においてサルファ剤を外用剤として使用したところ、顕著な組織再生作用に加え、止血効果、鎮痛効果があることを発見しました。

2009年よりキトサンを合剤使用することにより相乗効果を生むことを1000例以上の動物臨床例にて確認しました。

この合剤は安価で誰もが簡単に使用できる創傷治癒剤であるために、「人と動物に役立つ薬」として世界中で活用できる画期的な薬剤になると考え、研究を進め、2015年6月に特許を取得しました。

 特許第5766379号 「サルファ剤およびキトサン剤を含み、剤型が散剤である、ゲル形成剤」

2014年6月より、慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門 佐谷教授のもと、共同研究員として研究に取り組んでいます。この研究は、慶応大学病院臨床研究推進センターの「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」に研究シーズとして登録されました。そして、創薬支援ネットワークの支援を受け、人と動物に役立つ薬の製品化活用に向け活動しています。

※シーズ番号:B183 既存薬X・Y合剤による画期的な創傷治療薬の開発

また、この合剤を創傷治療に使用してるうちに、皮膚の再生と同時に増毛・育毛効果が認められることを発見し、2015年10月に次の特許を取得しました。

 特許第5815774号 「サルファ剤およびキトサン剤を含む、発毛および/または育毛促進組成物」

この薬剤で2件の特許(創傷治癒と育毛効果)を取得し、 当院では創傷治療剤として、口腔処置、手術の際の術創、腫瘍など様々な疾患に活用しています。

今後は、この薬剤の実用化・製品化に向け研究を進めてまいります。



★点滴に「ビタミン強肝剤」を使用しています

当院では、点滴を行う際に、次の成分を含む 「ビタミン強肝剤」 を混合しています。
  • 高濃度ビタミン(B1、B2、B3、B6、B12、C)
  • グルタチオン
  • グリチルリチン・グリシン・システイン
  • メチオニン
効能は次の通りです。
  • 抗酸化作用
  • アレルギーや炎症を抑える作用
  • 肝細胞増殖促進作用
  • 肝臓の脂肪沈着や肝硬変を予防する作用
  • 肝臓の機能を高める作用
  • 薬物中毒時の解毒作用
  • 急性湿疹、慢性湿疹、皮膚炎、肝斑、炎症後の色素沈着改善作用
  • 角膜損傷の治癒促進作用
  • 放射線療法による白血球減少症、口腔粘膜の炎症の改善作用
  • ビタミンB補給(ビタミンBは、神経痛、末梢神経炎、末梢神経麻痺や筋肉痛にも効果があります)
  • 消化性潰瘍改善作用
補酵素は体にとても大切なもので、障害をうけた細胞が再生する手助けをします。当院では、これらを使用することで、病気を治す力を増大することを目的としています。

★麻酔をかけずに歯石除去

お口の臭い、気になりませんか? その原因は「細菌」です。
歯垢1r中には、1億個の細菌が存在するといわれています。
細菌が常に口腔内にあることで、細菌を体内に取り込み多臓器に疾患を引き起こすことがあります。

当院では麻酔をかけずに歯石除去を行っています。
ご希望の方は、スタッフまでお声がけください。
なお、口腔の状態などによっては出来ない場合がありますのでご了承ください。

★24時間対応の電話相談サービス

夜間や休診時に急に具合が悪くなった時、獣医師に先ずは相談したいと思われることはありませんか?
夜間緊急時にも対応できる、24時間電話相談サービスを行っています。

相談料金はかかりませんが、当院に1年以内に診察歴があり、診察券をお持ちの方のみに限らせていただきます。365日24時間サポートの安心サービスです。

詳細説明をご覧の上、ご利用ください。



グリーンエバー動物病院

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分1354−2
TEL: 0267−31−5236

Copyright (C) 2009 Greenever Animal Hospital. All Rights Reserved.