動物にとって一番良い治療法を考える「オンリーワン診療」を目指し、飼い主様にはご納得いただける説明を心がけます。

  


”自然と動物と人との共生”を目指し、自然豊かな軽井沢の地に動物病院を開業しました。

獣医師として、動物たちにより良い治療ができるよう、様々な学会・セミナー等に進んで出席し、日々の治療に役立てています。

また、豊かな自然を守るため、自然環境保護活動にも参加・協力しています。

美しい自然の中で、動物たちが人と幸せに暮らせることを心から願っています。

プロフィールは、スタッフ紹介をご覧ください。
★獣医師としての研究

◆2017年1月13日に開催された「橋渡し研究加速ネットワークプログラム
  シンポジウム」にて、院長が 「既存薬X・Y合剤による画期的な創傷
  治療薬の開発」につきポスター発表いたしました。

「橋渡し研究加速ネットワークプログラムシンポジウム」
 
◆サルファ剤・キトサン合剤で特許を2件取得し、治療に活用しています。
  現在は「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」に研究シーズとして
  登録され、人と動物に役立つ薬の製品化活用に向け活動しています。

グリーンエバー動物病院の特徴
 
◆日本獣医皮膚科学会の論文「本邦の犬猫におけるエッセンシャルオイルと
  必須脂肪酸を配合したスポットオン製品の皮膚美容効果」において、
  「デルモセント エッセンシャル6 スポットオン」の臨床例を提供しました。
日本獣医皮膚科学会
論文紹介

◆獣医師学学会、日本獣医臨床学フォーラム等、さまざまな学会に出席
  しています。

◆毎月、長野獣医師勉強会に出席しています。

学会・セミナー受講報告    


★自然環境保護の活動

◆歴史的価値のある建造物などを活用・保全しながら次世代に継承する
  システム構築を目的とする「NPO法人シーズ・市民活動を支える制度を
  つくる会」の活動を応援しています。

「自然環境保護活動」
ページ

 
◆埼玉県のあらはた地区の自然環境を守るため、「あらはた里山の会」の
  活動に参加しています。
  あらはた地区の美しい自然を撮影した写真をご覧ください。
「あらはた里山の会」
写真展

◆軽井沢の樹木を守り、自然環境保護活動をしている「しいある倶楽部」の
  活動に協力し、イベント等のお手伝いをしています。
しいある倶楽部のHP    

◆御代田町の桜並木を守るため、「しいある倶楽部」代表・鈴木さんの署名
  活動に協力しました。(2011年11月)
  

園尾院長 環境保全活動の歴史

1997年
英国の The Naional Trust により保全されている湖水地方を訪れ、次世代に残す大切さを実感。
The National Trust に入会。

1997 〜 現在
森を復元する活動(淵の森保存連絡協議会 会長:宮崎駿)に参加し植樹を行う。それ以来、淵の森(東村山市)で毎年森の下草刈り作業を行い、皆で森を育てている。
今では森の復元とともにその周りを流れる柳瀬川にはアユが見られるほどになった。

1999年 〜 2001年
(社)日本ナショナルトラスト協会に入会し、ボランティア活動を行う。
英国 The National Trust との合同イベント「Japan2001」を手伝う。

2000年 〜 現在
埼玉県所沢市の里山保全活動を通して「あらはた里山の会」を有志で立ち上げる。
「里山の美しさ」をテーマに所沢市役所にて写真展を開いたり、所沢市と協議したりしながら保全活動を継続中。

2001年 〜 現在
NPOヘリテイジ・トラスト(遺贈による保全の仕組みづくり活動)に参加。
東京都西多摩郡日の出町にて、2006年〜2007年「ヘリテイジ・トラスト エコツアー」を計10回、企画・運営する。
2007年、日の出町の林業家(ヘリテイジ・トラストへの依頼者)所有の約20ヘクタールの森林を(財)日本生態系協会に遺贈するというコーディネートをヘリテイジ・トラストが行う。

その他、野生生物保全論協議会(JWCS)のセミナーに参加するなど、知識の蓄積やネットワークの構築に努めながら、環境保全活動を続けている。




グリーンエバー動物病院

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分1354−2
TEL: 0267−31−5236

Copyright (C) 2009 Greenever Animal Hospital. All Rights Reserved.